アイキララとメモリッチを比較しても意味がない理由とは?

 

目元の悩みを抱える人が多いからか
ネットで検索しているとよく見かける
専用のケア商品が2つあります。

それが、アイキララとメモリッチ。

オススメはどれか?などとサイト上で
比較したものをよく見かけますが、
比較以上に大切なことがあるんです!

アイキララやメモリッチはケア商品として
多くのユーザーから支持されていますが、
目元の悩みを引き起こす根本の原因は
眼輪筋(がんりんきん)の衰えが
大半を占めています。

そこで!

アイキララやメモリッチのような
アイクリームを使うだけでなく、
根本の原因となる眼輪筋の秘密から
自宅で簡単に誰でも出来る対策法まで
詳しくご紹介していきます!

途中、レビューした画像を載せてますので
参考にしてみて下さい。

 

目元の悩みを引き起こす眼輪筋の特徴を知っておこう!

眼輪筋は、私たちの目の周りを覆う
バームクーヘン状の薄い筋肉のことで
まぶたを閉じる働きがあります。

構造を細かく分けると・・・
バームクーヘン状の外側・中側・内側で
働きも筋肉の質も変わってきます。

働き 筋肉の特徴
外側 まぶたを強く閉じる 遅筋繊維が多い
内側 普段のまばたき 速筋繊維が多い

外側には、酸素を使って働く遅筋が多く
内側は、無酸素で働く速筋が多いです。

年齢とともに衰えやすいのは速筋ですが、
外側の働きである強くまぶたを閉じる行為は
普段あまり使うことはありません。

実は、ここに眼輪筋が目元の衰えを出す
答えが隠れているのです。

なぜ眼輪筋が衰えると目元が老けてくるのか?

眼輪筋だけに限ったことではないですが、
筋肉の役割は「動かす」だけでなく
血液やリンパの循環・基礎代謝をあげるなど
生きる上で大切な働きを持ちます。

色んな役割を持っている筋肉ですが、
あまり知られていない特徴として
体内の水分を貯蓄してくれるということ。

実は、体内で一番水分量があるのは
今回テーマにもなっている筋肉なんです!

ですから、加齢や運動不足で衰えてくると
水分量が減っていき潤いが落ちていくので
目元の乾燥・たるみ・くぼみなどの原因に
なってしまうのです・・・

とはいえ、諦めずに眼輪筋の衰えを防ぎつつ
アイキララやメモリッチなどを使うことで
目元の悩みが改善して若さを取り戻すことは
決して難しいことではありません!

今からでも遅くない!誰でも出来る簡単トレーニング法とは?

トレーニングといっても、
難しい・大変・辛い・時間がないなど
面倒なものでは決してありません。

用意する道具類は全く無く、
今から誰でも簡単に始められるので
是非皆さんもやってみて下さい。

はじめ慣れないうちは、鏡を見ながら
片目づつ行うことをオススメします!


まずはじめに、
まぶしいものを見るように目を細めて
5~10秒程度保持します。

この運動は、眼輪筋下部を鍛えるのですが
指を下まぶたに当て目頭に引き付けられる
力が働いていることを確認して下さい。

赤色の矢印は、筋肉が働いて下まぶたが
動く方向を示しています。


次に、指を使い目尻を斜め上にあげて
目を閉じたり開けたりを繰り返し
眼輪筋下部を鍛えます。

この時、頬を上げないように注意!

回数は、各自に合わせて10回程度から
始めてみて下さい。

黄色で示す矢印は指で引き上げる方向で、
赤色は筋肉が働く方向を示しています。


先程の上がり目と同じ要領で指を使い
目尻を真横に向けて軽く引っ張って
目を閉じたり開けたりを繰り返します。

下まぶたが目頭に向けて引っ張られる
働きがあることを確認して下さい。

頬を引き上げないように
目安は10回程度から始めましょう。

黄色で示す矢印は指で引き上げる方向で、
赤色は筋肉が働く方向を示しています。


指で上まぶたを引き上げて
目の閉じ開けを繰り返します。

頬を引き上げないように
目安は10回程度から始めましょう。

黄色で示す矢印は指で引き上げる方向で、
赤色は筋肉が働く方向を示しています。


このトレーニングは、眼輪筋ではなく
土台となって支えてくれる頬の筋肉で
大頬・小頬筋を鍛えます。

下まぶたを軽く指で引き下げて、
指で抑える力と拮抗させるように
頬を上げるように力を入れます。

黄色で示す矢印は指で引き上げる方向で、
赤色は筋肉が働く方向を示しています。


☆トレーニングの注意点☆

●あまり強く目尻を引っ張らない
●回数は個々に合わせて行う

トレーニングの効果を更に上げるアイクリームを有効活用!

先程、目元の悩み解消に必要な眼輪筋の
トレーニング方法をご紹介しましたが、
アイクリームを並行して使うことで
更なる効果アップに繋がります。

数あるアイクリームの中で、
アイキララやメモリッチは人気が高く
多くのユーザーから支持されています。

特に、目元の悩みの中でも
●加齢による皮フ痩せで目立つクマ
●乾燥しやすく小じわが目立つ
●ずっとコンシーラーで隠している
●根本となる原因を解消したい

そんなお悩みを抱える人にイチオシなのが
『アイキララ』なんです!

数あるアイクリームの中でも、
なぜアイキララがイチオシなのか
ご紹介していきます。

アイキララをイチオシしたい2つの理由がコチラ!

アイキララ以外のアイクリームで多いのが
各社独自で調合された配合成分。

・〇〇教授が発見した成分を配合!
・セレブの間で話題の〇〇が日本に初上陸!
・今、巷でブームの〇〇をたっぷり配合!

こんな広告見たことはないでしょうか?

あまり実績もない、話題だけが先走りして
商品価値が上がる現象はよく見かけます。

その点、アイキララが優れているのは
実績が浅い流行成分を使うのではなく、
本当に効果がある実用成分を配合して
話題性・利益主義に走ることなく
実感できる商品として作られています。

成分に関しては別記事に詳細があります!

アイキララの成分が安全で目元ケアに最適だと言える3つの理由とは?

他に、メモリッチなどにはない
『根本となる原因にアプローチする』
そんな特徴をもつアイキララだからこそ
目元の悩みは隠すのではなく根本を改善する
唯一のアイクリームとされています。

☆アイキララをイチオシする2つの理由☆

●流行成分ではなく実用成分である
●隠すのでなく根本となる原因を改善

使って効果がなければ意味がない!アイキララのレビューがコチラ!

イチオシであっても使って効果がなければ
それこそ意味がありません。

あくまで、化粧品のアイキララですから
治すといった目的ではありませんが、
実際に使用した変化をご紹介していきます。


【使用前】
【使用後】

使用前の画像を見ると、
・目の下のクマ
・目頭付近のくぼみ
・乾燥してガサガサ
※分かりづらいかもしれませんm(__)m

トレーニングと並行してアイキララを
3ヶ月ほど使用した際の画像です。

明らかに、目元のクマが薄くなり
目頭付近もふっくらしてくぼみも改善!

乾燥した目元ですが、
アイキララに配合されている特化成分が
しっかり働いてくれているおかげで
潤いも戻ってきた感じです。

お肌の水分と油分が数秒で計れる
スキンチェッカーで計測してみると・・・

目の下 目頭 目尻
 

使用前

(水分)32%

(油分)30%

(水分)20%

(油分)18%

(水分)20%

(油分)19%

 

使用後

(水分)46%

(油分)49%

(水分)44%

(油分)29%

(水分)38%

(油分)28%

 

【数値による肌のタイプを分けたチャート】

アイキララの使用前は乾燥肌タイプですが、
使用後は普通肌になり潤いも戻っています。

化粧品とはいえ、正しい方法で継続すると
トレーニングと相乗効果で見違えてきます。

効果アップに繋がるアイキララの使い方で
3つのコツについて別記事にまとめてます。

誰でも出来る!アイキララの使い方で効果を上げる3つのコツとは?

トレーニングとアイキララの相乗効果は
正しい方法で継続してこそ発揮する!

経年変化する目元とはサヨナラ!今が若さを取り戻すチャンス!

確実性のある美容整形で治療を受けても
高額な費用と時間がかかるだけでなく
また再発することも当然あり得ます。

とはいえ、眼輪筋のトレーニングと
アイキララを諦めずに継続した結果、
目元の若さを取り戻せました!

メモリッチなどの流行成分であっても
それなりに効果はあるかもしれません。

それよりも、実用成分のアイキララだと
根本の原因にアプローチしてくれるので
相乗効果に期待が大きく持てます!

1日たった2回の簡単ケアであるアイキララは・・・
●目元の悩みに特化した実用成分!
●悩みを隠すのではなく根本から改善!
●明るくなった目元が取り戻せる!

ケアせずに日々過ごしていくと、
目元は経年変化するばかり・・・

1日でも早い決断で試してみることを
オススメします。