アイキララの使い方は3つのコツがある!試してわかった簡単方法

 

目元の皮膚やせにアプローチをかけて
トータルケアが出来ると話題のアイキララ。

ただ、全ての人が実感できるとは限らず
使う人によって差が出るんですよね。

その原因の一つがアイキララの使い方

使い方は同封されている読本とおりに
毎日ケアをしていくだけなのですが、
中には正しい使い方をしているのに
実感できない人が居てると思います。

そこで!

実際に試してわかった使い方のコツを
実感できない人や効果アップしたい人に
参考となるようにご紹介していきます。

こちらのページでわかること

✔ 簡単!3つのコツを取り入れた活用法

アイキララの使い方をチェック!見落としが多い3つのポイントとは?

アイキララの使い方で
大切な3つのポイントがあります。

①クレンジングと洗顔の使い分けとタイミング
②塗る前にアイキララの温めが必要
③乳液を使うタイミング

ただ気になる箇所に塗るだけでなく
使用前後にちょっとした工夫をすると
簡単に効果アップとなるのでオススメ!

詳しく解説していきます。

クレンジングと洗顔のタイミングで大きな差が出る?

意外と見落としが多いクレンジングと洗顔。

●油分を落とす → クレンジング
●皮脂や角質を落とす → 洗顔

それぞれ役割があるのですが、
ここで重要なのはタイミングです。

帰宅してすぐされる方、入浴中にされる方
さまざまなケースがあるかと思いますが
一番理想的なのは入浴中の最後に行うこと。

理由は、一番落としやすい状態だからです。

毛穴に詰まった油分や皮脂などは
簡単には落ち切れませんので、
クレンジングで油分を落としてから
洗顔で古くなった角質や皮脂を落とします。

あまり神経質になる必要はありませんが
一番簡単に落としやすい入浴中の最後に
クレンジングと洗顔を行う方が肌も傷つけず
手軽にスキンケアができるのでオススメです。

アイキララを温めるだけで変わる効果の差とは?

アイキララの浸透性は早くありません。

それは、じっくり角質層の奥まで
浸透していくためにかかる時間なので
ある程度待つ必要はあります。

ですが、少しでも早く浸透させたい時は
塗る前にクリームをペースト状になるまで
温めるのがベストです。


 

クリームを出した状態。

ハードタイプのクリームではないですが
このままの状態だと浸透性は低いです。


 

指の腹側と手の甲で温めながら
トロトロのペースト状にしていきます。

クリームの色が白色から透明に近い状態まで
薄くなれば塗るタイミングです。

ここまでの所要時間は15秒ほどです。


ちょっとしたことかもしれませんが
このちょっとした変化を加えるだけで
毎日のケアが後々大きな実感になるので
試す価値アリです!

乳液の役割をご存知?間違った知識が効果を台無しに!

化粧水や美容液の後にフタの役割をして
保湿効果がある乳液。

一般的な乳液の役割は他にもありまして
化粧品などに含まれる油分と反応して
肌から浮かしてクレンジングの代わりになる
性質を持ち合わせています。

ですから、アイキララを塗った直後すぐに
乳液を使うと浸透を妨げる可能性も!

一番理想的なのは、アイキララを塗った後
馴染ませるために5分程度時間を空けること。

もしも、面倒であったり時間が無い場合は
乳液の量を少なめにしてお使い下さい。

今日から始められる3つのコツで目元が生まれ変わる!

いかがでしたか?

よくある間違った認識や、ちょっとした
使い方のコツを取り入れるだけでも
毎日のケアともなれば大きな差となって
あらわれてくるでしょう。

唯一目元の内側から根本ケアができる
アイクリームのアイキララを使うと・・・

効果アップで実感できる!
●目元が潤い明るさが断然アップ!
●たった一本で目元のトータルケア!
●鏡に写る自分を見るのが楽しくなる!

コメントを残す




CAPTCHA